レンズの特徴│ICLで使用しているもの

レンズの特徴│ICLで使用しているもの

ICLなのでは、小さなレンズを目の中に移植する、ですからはインプラントして近視、乱視を矯正していきます。その結果、裸眼視力を回復させる新たな視力矯正手術になりましてくるのでしょう。レンズを黒目の裏側にある後房という位置に固定するため、有水晶体後房レンズ、フェイキックIOL(Phakic IOL)、または有水晶体眼内レンズとも呼みやぶられているのです。ビジョンしやすいのは、眼内コンタクトレンズです。水晶体と虹彩の間にツールコンタクトレンズをインプラントしていくこととします。ICLのレンズは、こらま−と呼ばれる水酸化エチルメタクリレートと、コラーゲンを多く含んだ親水性のもっとも柔らかい素材によりまして作られていますのです。コラマーは生体適合性が高いのが特徴で、目の中に入れたとしましても異物とは認識されにくいです。特別なメンテナンスをする必要もありませんし、目の中で長い間にわたり透明な状態が維持できます。長期的に、レンズとしましての昨日を果たせくれるでしょう。レンズの移植にはインジェクターと呼ばれます専用の挿入器を使います。インジェクターがレンズを小さく折りたたんだ状態で射出します。その為、移植やるめの切開創は約3oと小さく、目にかかってしまう負担を最小限に抑えます。それが日帰り手術を実現していますのです。ICL最大の特徴は、適応範囲がとっても広く、レーシックでは通常適応外になる強度近視の方や角膜が薄い方にも適応が可能になるでしょう。視力矯正の精度もとても高く、ハードコンタクトレンズと比較をしても見え方は非常にクリアで、集中津後における満足度も高くなっていたのです。一度インプラントしたレンズは、取り出して元の状態に戻してしまうでしょうでしょうでしょうことも可能です。レーシックのような角膜を削る視力矯正手術とは最大の違いです。ICLそのものは、20年以上の歴史があります。今ではヨーロッパ諸国、アメリカ、韓国など世界各地で約次承認されているくらいなのなんです。日本でも国内治験の結果からICLは有効性、安全性が認可されているのです。

トップへ戻る