学びの選択肢の一つであるMBA取得

学びの選択肢の一つであるMBA取得

近年は「人生100年時代」と言い伝えられるようになり、大学で得た知識だけでしたのでは社会で活躍し継続することの方が難しく、社会人の学び直しの重要性が高まっているのです。社会人の学び直しは「リカレント教育」とも呼ばれ、生涯にわたって就労と就労に活かすスキルを磨くための教育を繰り返すシステムです。従来、終身雇用制度が一般的だった日本も、転職が一般になり雇用の流動性が高まりました。時代の変化に対応出来る人材の拡充をめざし、政府も社会人の学び直しを推進し、給付金の助成などを行っています。社会人の学び直しには多様なスタイルがあって、その学びの選択肢の一つであるMBA取得には、主に2つの方法があるのです。ひとつ目は、仕事を退職・休職し、フルタイム(平日の昼間に学ぶ全日制)でMBA取得を目指す方法。もうひとつは、仕事をしていながら平日夜間や週末に学びMBA取得を目指す方法です。海外ではフルタイムでのMBA取得が一般的ですけど、キャリアの中断を好意的に受け止める企業が多くないことや費用面から海外MBAやフルタイムMBAよりメリットがあると考え、日本国内では仕事と両立しながら平日夜間や土日で受講(パートタイム)し、MBA取得を目指す人が多かったりするのが実態です。

トップへ戻る