学んだことをすぐに実務に活かせる

学んだことをすぐに実務に活かせる

MBAプログラムで学ぶ領域は、どのプログラムでも基礎的にヒト・モノ・カネの3分野が主要な学習領域になるのでしょう。授業の合計時間は、2年間の海外フルタイムMBAが最も多く、企業研究や課外活動などにも十分な時間を割くことができます。さらに、海外フルタイムMBAでは毎日数すべてのケース(企業事例)を読み込んだ上で、授業内でディスカッションすることの方が多く、たとえると、ハーバード・ビジネススクール(米国)では、2年間でおおよそ500〜600近いケースを読むと言い聞かされます。一方、国内パートタイムMBAでは、ケースを読む量は海外フルタイムMBAと対すると多くない場合が多く、国内パートタイムMBAの中で、すべてのケースを授業で取り扱ってるグロービス経営大学院しかし、2年間で150〜200ケース程度になるんです。次みたいに、ケースの量には海外フルタイムMBAと国内パートタイムMBAで差があるものの、国内パートタイム MBAではその分、仕事を続けながら学ぶことができ、学んだことを早々に実務に活かせるため、効率よくマネジメント能力を磨くことが出来るというメリットがあるのです。

トップへ戻る