飛蚊症の原因として最も多いもの

飛蚊症の原因として最も多いもの

飛蚊症の原因として最も多いものが硝子体剥離です。 硝子体とその奥にある網膜は通常はぴったりと着いていますのです。それが外れると接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となってくるでしょう。この接着部分はひとつの輪になってしまいましましたりするものですが、やがてその輪が幾つにもわかれます。その為飛蚊症もはじめは大きな黒い輪にみたいなものが見えますが、やがて小さな幾つもの黒点に数がふえ、位置が変化していきだんだん気付かなくなることが多いようです。この硝子体剥離の原因は、老化現象としても起こります。また強度近視の方には必ず起こるものです。その他には目を打撲した時にも起こります。治療の方法はありませんが進行するものでもありません。気にかかる症状があるようでしたら、早めの検診をお勧めします。強度近視の方には色々な目の病気が起こる可能性があげられます。そのひとつに硝子体剥離があります。さらに網膜が萎縮変性して硝子体混濁が起こります。これらの症状は飛蚊症として感じます。この場合は放置しておいても問題はないです。しかし網膜の萎縮変性から硝子体混濁以外に網膜に穴があいている場合があげられます。この網膜裂孔は網膜剥離につながる場合があげられます。そのようなふうになると至急に手術をしないならばなることはない。強度近視の方の飛蚊症は、網膜剥離の前兆かもしれませんので、なるべく早く専門医の診察を受けることが必要です。目の中で出血して血液が硝子体の中に入ると飛蚊症として感じます。糖尿病、高血圧のように出血しやすい病気がある時や、目を打撲した時に起こります。この時の飛蚊症は突然おこり進行はしてもない。出血が大量ですと視力も落ちます。安静にしながら糖尿病、高血圧などの元の病気の治療も必要です。硝子体は血管がなく、循環が悪いところということで、硝子体出血もなかなか吸収しませんが、出血が再発しない限り時間とともに回復します。

トップへ戻る